お役立ち情報Useful

凍害による剥離症状

2015.10.21

こんにちは!プロタイムズ厚木南店です。 今回は、「凍害」によって 外壁が崩れてしまったケースについてお話しします。   外壁材が「サイディング」のお宅によく見られるのが 「凍害」という剥離症状です。 これは、気温が下がった冬場に、 防水性が切れた外壁に染み込んだ水分が凍ってしまい 膨張して、外壁が内側から浮き上がって崩れてしまう症状を言います。 よく発生してしまうのが、 水が滞留しやすいバルコニー 建物の角の部分 風呂場や台所、洗面所などの水回り付近の外壁 目地の周り 水切り板金周り など、とにかく「水」が入りやすい場所で起こります。 今回は、 窓枠の下に水が伝ってしまったことが原因だと考えられます。   IMG_5584 水が染み込んで崩れ、かなり目立ちますね…。   今回は、コーキングを崩れた外壁にパテで塗り 塗料でしっかりと押さえる、という処置を行いました。   どこに凍害があったか、お分かりになりますでしょうか? しっかり塗膜厚をとりましたので、 崩れは全く目立たなくなりました!   お客様にも大変喜んで頂けて、私も嬉しいです^^♪