お役立ち情報Useful

カバー工法がオススメな理由

2016.06.01

こんにちは!プロタイムズ厚木南店です。 最近、屋根の「カバー工法」のご依頼がとても増えています。 「カバー工法」とは、現在の屋根に新しい屋根を重ねる工事のことで、「重ね葺き」という呼び方をすることもあります。 既存屋根材の解体工事が不要のため、様々なメリットがあり、全て屋根材を張り替える「葺き替え」よりオススメしております。   ★解体工事不要のメリット★ ①解体工事費と廃材処理費が節約できる! →2004年までに建てられた家の屋根には、「アスベスト」を含んだものがあります。アスベストを含む建材は環境負荷が高く、廃材処理費が高額になってしまいます。 ②工事期間が短い →既存屋根はそのまま、上に防水シートを張って新しい屋根材を張っていくため、その分、撤去に比べて工事期間は短くなります!   弊社ではよく、ニチハの「横暖ルーフ」を施工させて頂いています! ★施工前★ IMG_2451 ★施工後★ 金属屋根材ですが、耐久性・遮熱性・遮音性に優れています! また、表面の防水メンテナンスが不要になります! (※経年による色焼けは発生するため、美観目的で塗装する場合もございます。)   ただし、カバー工法が向いていない屋根材や、屋根の傷み具合によっては、葺き替えをオススメする場合もございます。 うちの屋根はどうなんだろう?と少しでも気になった方は、お気軽にご相談くださいませ♪