お役立ち情報Useful

リフォームの保証、確認すべき4つのポイントとは?

2016.08.03

こんにちは!プロタイムズ厚木南店です。 本日はリフォームの保証で確認するべきポイントについて、ご紹介したいと思います!   ①保証の内容が明確であるか。 ちゃんと紙の保証書が発行されるかどうかは、重要なポイントです。 口約束だけでは、いざ不具合が発生した際に、結局何もしてもらえないという可能性があり、非常に危険です。 工事前に、どの部分にどのような保証がついているのか、しっかり確認しましょう。 ②住宅瑕疵保険についての説明があったか。 「瑕疵(かし)」とは、傷や欠陥という意味で、 「住宅瑕疵保険」とは、住宅の引き渡しや工事の後に、万が一欠陥が見つかった際に、その欠陥を補修するための費用が支払われる保険のことです。 これは、業者を通して加入する仕組みになっている任意の保険ですが、たまにその説明を怠る業者がいるので注意が必要です。 保険加入のメリットを丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。 ③保証書が本当に有効で、信頼できるものか。 可能であれば、保証書が実際に有効なものであるかも確認しておきましょう。 工事後のアフターフォロー体制がしっかり整っているかどうかも、重要なポイントです。 ④2社の工事保証がついているか。 2社の工事保証がついていれば、より安心できます。 2社というのは、施工業者その団体が加盟している団体のことです。 万が一、施工業者が倒産などの事態が起きてしまっても、もう一つの団体が保証してくれます。 また、保証書に以下のことが記載されているか確認すると よりトラブルが回避できます! ★明記されているか確認する事項★ ・物件名称 ・施工した家の住所 ・工事を行った部位 ・塗装した面積 ・保証開始日 ・保証期間 塗装工事において、施工後の業者との関係も非常に重要です。 次の塗り替えまで、長いお付き合いができる会社を選びましょう!