お役立ち情報Useful

雨戸を長持ちさせる方法

2016.07.07

こんにちは!プロタイムズ厚木南店です。 屋根外壁の塗装を行う時、美観目的で塗装を行う一つに「雨戸」があります。 雨戸は雨風を防ぐためにあるため、当然、経年で劣化してしまう場所です。 弊社では雨戸などの付帯部は二年の保証を出させて頂いていますが(※ただし、塗料の種類によって例外あり) せっかく塗装できれいにした雨戸!長持ちさせたいですよね? 雨戸の劣化原因は、表面についた「ホコリ」です。 ホコリが雨や風によって、だんだん時間がたつと「サビ」になります。 一度サビてしまうと、劣化スピードが急に上がります…。 そのため、防ぐためには定期的な「水洗い」をオススメしております!   ★水洗い時のポイント★ ①雨戸を外す。 雨戸をお手入れする場合、外して行った方が効率的です◎ 上部に外れ止めが設置されている場合は、手前に引くようにして取り外してください。 ②ホコリを払う。 掃除機などを使って、表面のホコリを除去しましょう。 戸袋の中も忘れずにお掃除してください。 ③水洗いをする。 洗剤は、中性洗剤(食器洗い用など)を薄めた物を使用し、柔らかいスポンジなどを使用してください。固いブラシでこすると、表面を傷つけてしまいます。 よく洗い流した後は、十分に水分をふき取ってください。   仕上げに、カーワックスなどを使うと、その後の汚れがつきにくくなります!(研磨剤の入っていないもの) 雨戸を長持ちさせるには、 とにかく「ホコリをつけない」こと。 IMG_0800 ぜひ試してみてください!